So-net無料ブログ作成
検索選択

アルパイン、宇佐美専務が社長に就任(レスポンス)

アルパインは22日、宇佐美徹専務が社長に就任する人事を内定したと発表した。6月下旬開催の定時株主総会とその後の取締役会で正式に就任する。

石黒征三社長は代表権を持つ会長に就任する。経営層の若返りとともに、代表取締役を2人体制とし、経営のスピードアップと企業体質の強化を図る。

宇佐美氏は東京電機大学卒業後、1974年にアルプス電気に入社、1991年にアルパインの第一国際部長、2004年に取締役、2008年に常務、2009年に専務に就任した。59歳。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
日本板硝子、元デュポン副社長が社長就任へ
トヨタ、小澤専務が代表権を持つ副社長に昇格
フォーミュラ・ニッポン JRP 新社長…中嶋会長と再タッグ
アルパイン 特別編集

市長室のガラス扉紙で覆う…阿久根市長指示(読売新聞)
3万6000円のマラドーナのトレカ盗み逮捕 栃木(産経新聞)
5月中に閣議決定か了解=普天間移設−平野官房長官(時事通信)
毒ギョーザ事件 中国側と情報交換会議 警察庁、犯行状況の食い違いなど説明求める(産経新聞)
鳩山首相、古賀連合会長と今月3度目の会談(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。