So-net無料ブログ作成

普天間移設「最低でも県外」ほご 首相の無責任発言端緒「自らがまいた種…」(産経新聞)

 ■作られた「反対」の世論

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で、今月4日に続いて沖縄を再訪問した鳩山由紀夫首相。仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事らとの会談で、公式に同県名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部への移設を求めたが、「最低でも県外」の公約をほごにした首相に、県民の間では「自分が作り上げた世論に踊らされていただけ。予想通りの結果」と嘲笑(ちょうしょう)の声が広がった。

 23日朝、那覇市の県議会棟正面に県会議員30人余りが座り込み、県内移設反対を訴えた。

 ある県政関係者は「われわれの本音は現行案支持だった。ほとんどの県民も納得していた」と話した上で、「鳩山首相の無責任発言で反米、反基地闘争グループが大義名分を得て活気づいた。4月25日の県民大会も、そうした活動家や反米イデオロギー闘争を展開しているグループがほとんど。メディアはそれを県民の総意だと伝えた。メディアの扇動に世論は現行案反対へと導かれ、われわれもそれに追随するほかなかった」と座り込み抗議への経緯を語った。

 現行案反対の世論は、意識的に形成されてきた可能性が高いという。それを象徴するのがキャンプ・シュワブに隣接する辺野古住民の声がほとんど伝えられてこなかったことだ。

 辺野古住民で組織する辺野古区行政委員会は21日、環境影響評価(アセスメント)の枠内で移設場所を決定した場合、条件付きで容認することを全会一致で決議した。決議は地元紙などでも報じられたが、住民の一人は「住民の9割以上は受け入れることを容認していた。そうした思いがほとんど報道されなかっただけ。民主党政権も反対派の声ばかり聞き、移設後、実際に米軍と付き合っていくわれわれの声を聞こうともしなかった」という。

 一方、ある財界関係者も「鳩山政権は最初から全く知恵も戦略もなかった」とした後、こう続けた。

 「首相は負担軽減というが、意味が分かっているのか疑わしい。一番の負担は基地が自治体の中心部などにあり、都市開発ができないこと。負担軽減というなら政府が今、やるべきことは普天間をすみやかに辺野古に移し、普天間飛行場の跡地開発をどうするかなど前向きに検討すべきだ」

 ある革新系県議は「これだけ混乱を招いたのだから、一国の首相としての責任と誠意を見せるべきだ。自らがまいた種なのだから」と言い切った。(宮本雅史)

【関連記事】
「決着なき決着」迷走再び 辺野古周辺、首相が初表明
連立離脱か参院選か…揺れる社民 辺野古への移設表明
外国メディアも大きく報道 辺野古移設、BBCなど主要ニュースで
首相は「県民の思いを勉強する」と理解を求めた 普天間飛行場の辺野古移設案で
ああ、自衛隊最高指揮官殿
中国が優等生路線に?

被害総額約3億円?リフォーム会社社長を聴取 埼玉県警、詐欺容疑で逮捕へ (産経新聞)
<自民党島根県連>青木幹雄氏長男擁立へ 参院選(毎日新聞)
<暴行容疑>西宮市職員を逮捕 タクシー運転手殴る 兵庫(毎日新聞)
<山陽新幹線>停電で姫路〜新大阪駅間運転見合わせ(毎日新聞)
医師「流産したと知らず」=「信じてた」と女性―不同意堕胎事件・警視庁(時事通信)

石巻3人殺傷 裁判員裁判に プライバシーなど課題(産経新聞)

 起訴されたのは18歳=犯行時も=の少年だが、その罪や量刑は、裁判員裁判で審議されることになる。

 今回の事件のように、死刑や無期懲役の可能性もある少年の重大事件が裁判員裁判の対象となった例はあまりなく、さまざまな困難が予想される。

 争点と証拠を絞る公判前整理手続きでは、少年の成育歴や家庭環境を調査した家裁での記録(社会記録)の取り扱いが課題となるとみられる。

 社会記録には、少年本人も知らない事情が含まれることもある。従来の刑事裁判ではプライバシー保護のため、法廷での朗読を避けて書面審理するなど、慎重に取り扱われてきた。

 しかし、裁判員制度では、法廷での口頭のやり取りが裁判員の判断の中心となる。法廷ですべてを明かすと、プライバシー侵害になりかねない一方で、分量を絞れば裁判員の理解に影響を与える可能性もある。

 また、少年の刑事裁判に特有の事情を裁判員にどう説明し、理解を得るかについても課題となりそうだ。少年事件では、家裁への再移送ができることや、有期懲役刑を科す場合は「5年以上10年以下」といった上下限を設定した不定期刑を言い渡すことが定められているからだ。

 さらに、殺害された被害者が複数いることから、検察側が死刑を求刑する可能性もある。犯行時18歳の被告に死刑が言い渡された前例はあるが、少年事件であることを考えれば、裁判員がより難しい判断を迫られる局面がでてくる可能性も想定される。

【関連記事】
惨劇への伏線幾度も…悔やみきれぬ関係者 石巻3人殺傷事件
「逃げたら殺す」 共犯の無職少年、脅されたと話す 石巻3人殺傷
宮城の3人殺傷で被害者の父親が手記「娘が帰ってこない現実つらい」
「回避できた可能性も」宮城・石巻3人殺傷で検証報告
警察庁が石巻3人殺傷の経緯を検証へ 「男女トラブルから事件」防止で
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

阿久根市懲戒免取り消し判決に異議、署名活動(読売新聞)
東京芸大で出会った祐二と幸 挙式の日に関西へ(産経新聞)
2010年度診療報酬改定で中小病院は?(医療介護CBニュース)
火災 化学工場で合成樹脂など燃える 愛媛・新居浜(毎日新聞)
水俣病患者「チッソ分社化」に不安(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。